子育てについて

看護師の子育ては家族の手助けが必要不可欠です。仕事を一旦退職すると言う選択もありますが、やはり看護師業務が好きな人にとって子育てのために辞める事は必要ないと感じている様ようです。出産・育児を機にやめざるを得ない病院だった場合は、辞めなくても良い病院に転職して看護師を続ける、という人もいるようです。大きな病院では託児所が併設されているので安心して働く事ができますが、子供の体調不良などで仕事を抜けなければならない時もあります。そんな時こそ本当に必要になって来るのは家族の助けです。旦那の応援が得られれば問題ないですが、皆が皆平等な協力を得られる訳ではありません。中にはシングルマザーもいるのです。
昔の看護師の子育て奮闘記なる記事を読んでいると本当皆苦労して来たんだな、と思います。育児休暇も取らず、熱が出ても子供を一人きりで置いて行かざるを得ない状況だった話を聞くと、いたたまれずに居られません。看護師の子育てに取ってより良い環境や待遇はこれからもっともっと必要になって来ると思います。先々のことを考えるのであれば、育児休暇や託児所が揃っている女性にやさしい職場を選んでおいた方が良いでしょう。
病院によっては現場復帰しやすいように、職場復帰のためのプログラムが組まれている所もあります。看護師不足が問題になっている現代、この様に子育てをする看護師のために病院側も対策を取っています。少しでも多くの看護師が子供にも仕事にも負担をかけず看護業務に復帰できる様に、これからよりよい対策がどんどん生まれると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です