都会と地方での転職

「看護師の転職」と言っても、都会での転職か地方での転職かではいろいろと状況も変わってきます。

転職先の多さから言えば、都会での転職はとてもたやすいと言えます。大きな病院から個人のクリニックまで町には看護師の職場が溢れています。求人数も多いので新しい職場を見つけるにも比較的容易です。しかし、一方で「こっちが駄目ならあっちがある」といった感じで安易な転職をしがちになるのも事実です。さらに、選択肢が玉石混交となっているためにかえって転職先を決めるのが難しくなるという傾向もあります。

そして地方では、田舎へ行けば行くほど転職先は少なくなります。場所によってはそれこそ公立の病院の他は個人の医院が数軒といったところもあります。したがって、転職するにしても選択肢が限られてしまい、他の地域を選ぼうにも今度は通勤に時間がかかってしまいます。さらに地方では病院が少ないことから、自分が病院にかかろうとするとそれが自分の勤める病院になってしまって嫌だ、という声も聞かれます。

給与面でも一般的に東京などの都市圏に比べ、地方では看護師の年収が下がる傾向があります。平均年収では、東京や千葉といった都市部では約500万円前後なのに対し、東北や九州地方では約400万円前後という調査結果があり、地域によって年収にもかなりの差があることがわかります。そのため、収入のベースアップを狙って転職するとすれば地方はあまり向いていないとも言えます。

また地方の病院の問題として、患者の高齢化があります。病院にいる患者の平均年齢が高く、一般病棟でも老人病棟のようになっている病院すらあります。そして、大きな病気の時は患者が都会の病院へ行ってしまうため、新しいことを学びたいと思っている人には物足りない可能性もあります。しかし、地方であっても例えばリハビリ専門のすぐれた医師が勤務している病棟にはそれを学びたいと思う看護師も集まってくるものなので、そこにどういう医師がいるのかも転職のポイントになります。

こう見ていくと地方の転職にはあまり利点がないようにも思えますが、採用のされやすさという点では地方の病院は有利かもしれません。特に若手看護師にとっては条件面でも環境面でもやはり都会の方が魅力があり、地方から都会に流出している看護師も多くいます。そのため、地方の病院では人手不足が相当深刻です。中には7対1看護を達成するために高齢者を再雇用までして人数を揃えている病院もあります。もしあなたが都会から故郷の田舎への転職を考えているとすれば、地方の病院はきっと歓迎してくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です